映画「ティファニーで朝食を」あらすじ

ななしの猫を飼っていて、ニューヨークでその日暮らしの、一人暮らしの女の子ホリー、ブルーな日はティファニーで外から宝石を眺めて、デニッシュをほうばる。こんな夜男性の相手をする生活をしているうちに、アパートに若い小説家を目指している男性が引っ越してくる。ドアを開けるのにカギが初めなれなくて、ホリーの部屋に男性が電話を借りに訪ねてくる。もう一年以上住んでいるのにホリーの部屋は閑散としている。貧乏という感じがする。夜の男性の相手でお金をトイレに行く際に50ドルもらう。でもそれも貯金がなかなかできない。ホリーには弟が軍隊にいて出てきて一緒に暮らす予定の貯金だ。弟の名前はフレッド。上の階の友達になった男性をフレッドと呼ぶようになる。ホリーの元旦那が来た時もフレッドが取り持って、旦那さんを田舎に返すことができた。フレッド、ホリーは仲良くなり、体の関係ももってしまいます。ホリーを愛するようになったジョージペパード演じるハンサムな優しい男性。フレッドはホリーを自分のものだけにしたい。かごの鳥になるのはいやだと。ブラジルの大金持ちと結婚するといい、傷心のフレッドは引っ越しする。するとマフィアのボスと知り合いのホリーは警察に疑われつかまってしまい。結婚破棄で、最後にいつも助けてくれた優しいフレッドと結ばれる。

映画「ティファニーで朝食を」感想

ホリー演じるオードリーヘップバーン素晴らしくかわいく、美人で、おしゃれで、今見てもオードリーの魅力爆発です。この人は自分のオリジナリティーあふれるセンスの良さで、このホリーという役にピッタリだと思います。ジョージペパードのような人が凄く好きになり、今の旦那さんは体形をこの人に似た人と決めました。そのくらいこの映画を30階以上見ていると思います。ティファニーが永遠のあこがれというのも納得しますし、女性の好きなものが全て詰め込まれているような素敵なロマンチックコメディーです。主題歌のムーンリバーもこんな有名な曲になっています。オードリーの演技力と本来のチャーミングさがマッチングしている、女性に人気のあるファッションも魅力で、恋愛もので一番好きです。ニューヨークの街並みもグレーでおしゃれです。脇を固める演技派の俳優さんたちも魅力です。ダイアモンドのように輝きが、分かる気がします。またいつでも何度でも見たくなる映画です。

映画の良さ

映画は私にとってもファッションの参考にもなるし、女性のコメディーは特に好きで、私の誕生日がエディーマーフィーや、ドリス・デイといったコメディーの星なので、コメディーは特にみていて本当に勉強になります。